自動販売機を設置して敷地内のスペースを有効的に利用しよう

男性作業員

売上を増やす自販機

男女の作業員

道端や店舗の前、商業施設の休憩場所などで見かけられる自動販売機は、様々な形に進化しています。普通に飲み物を購入するだけでなく、様々な付加価値をつけることが可能になっているのです。例えば、一部の場所に設置される自動販売機は最新型となっており、タブレット端末と同じタッチパネル式となっています。従来は商品名のラベルがついた空のペットボトルや缶を陳列したものが自動販売機の姿として一般的ですが、それらは衝撃で陳列場所のペットボトルが倒れてしまうなどの問題が有りました。また、陳列場所に虫が入り込んでしまい、見栄えが悪くなるなどの心理的な悪影響もあります。しかしタッチパネルなら虫が入り込んでしまうことなく安心です。タッチパネルには画像が映し出されるだけなので、最良の状態を表示し続けられるのです。そのため、サンプルの状態が購買意欲減退に繋がることはないでしょう。

自動販売機の設置を考える方は多くいます。自動販売機の設置を検討する際には、やはりどういった自動販売機を設置するかも重要なポイントとなるでしょう。前述したようなタッチパネル形式のものは、首都圏の駅構内といった一部の場所にしか設置されておらず、試験的な運用にとどまっています。しかし従来のような自販機でもこだわるべきポイントはあるので、自販機選びのポイントについて理解しておきましょう。例えば、ピークシフトと呼ばれる機能に対応した自販機があります。こちらは時間帯に応じて冷蔵に使用する電力をコントロールしており、比較的省エネルギーな自販機となっています。地球に優しい点と電力料金を支払う土地所有者にも優しい点から、設置されるケースが増えてきた自動販売機でもあります。他にも、商品のラインナップが少ない代わりに省スペースに対応したものや、障害のある方でも利用できるものなど、自動販売機にこだわることで売上は大きく変化するでしょう。