自動販売機を設置して敷地内のスペースを有効的に利用しよう

男性作業員

種類が重要となる

複数の自販機

効率良く売るための設置条件

自販機を設置する場合に重要なのは設置場所です。設置する場所によって売り上げが大幅に変動し、利益も変わってきます。人が沢山通る大通りは比較的効果が高いとされますが、コンビニなどが近くにある場合は利益が大幅に下がってしまいます。好ましい設置場所は学生の通学路や駐車場付近に設置することです。競争相手であるコンビニが近くに無ければさらなる利益へと繋がります。季節により自販機の中身を変えることも大切ですが、設置する場所によって中身を大幅に変えることも重要な販売戦略になります。通学路に置く場合はスポーツ飲料や炭酸系飲料を、そして駐車場付近の場合はお茶やコーヒーなどのカフェインを含む飲み物が売れる傾向にあります。

業界が取り組む地球温暖化防止策

近年ではエナジードリンクと呼ばれる種類の飲料の人気が高まり、コーヒーの代わりにドライバーや学生が買うケースが増えています。こうして時代によって様々なトレンドがあり、常に飲料業界は進歩しつつあります。温かい飲み物や、温かい食べ物など、冬のトレンドとも言える自販機も様々な場所に設置されるようになり、気軽に購入できることから人気を増やしつつあります。そして現在、自販機業界では節電などの取り組みが行なわれています。使用電力を下げることにより、地球温暖化を防ぐ効果や電気使用料が低下するなど設置しているオーナーにも恩恵があります。地球環境などを配慮した節電用の自販機も数多く見かけるようになり、様々なオーナーがその取り組みを行なっています。